経済情報学部 松崎良准教授が「共済事業と日本社会 共済規制はなにをもたらすか」に寄稿しました。

東日本国際大学経済情報学部 東日本国際大学経済情報学部 松崎良准准教授が「共済事業と日本社会 共済規制はなにをもたらすか」(押尾直志監修・保険毎日新聞社・平成19年6月初版1刷 1,890円)に寄稿しました。

「共済事業の現状と課題(Ⅰ.4部分)」で、会社法・協同組合法・保険業法の改正、消費者契約法・金融商品販売法・金融商品取引法等における協同組合の処遇等の中で、共済の位置づけ、共済の意義、共済法について論じたものです。

機会がありましたら。お手に取ってごらんください。

book_matuzaki001.jpg