2011年2月アーカイブ

 2月21日付日本経済新聞にアクティブラーニング(能動的な学習)調査で高評価だった大学・学部・学科として、東日本国際大学経済情報学部が掲載されました。

詳しくはこちらをご覧下さい。20110221.pdf

0711222.JPG

 2月21日(月)から23日(水)の3日間、経済情報学部・福祉環境学部の卒業研究発表会が行われました。
 4年間の集大成となる研究成果が発表され、質疑応答など活発な意見交換が行われ充実した発表会となりました。
 経済情報学部・福祉環境学部4年生の皆さん、大変お疲れ様でした。

 h23.2.23-1.jpg 

h23.2.23.-2.jpg

 h23.2.23-3.jpg  h23.2.23-4.jpg


<発表内容>
経済情報学部
  ・グローバルネットワークによる情報共有の可能性と課題
  ・スポーツがもたらす経済効果と展望
  ・中国の観光客増が与える日本への影響
  ・生と死と経済          等々 

福祉環境学部
 ・高齢社会を支える福祉環境としての科学技術
 ・大学生によるオムツ着用体験から考える排泄ケアの重要性について
 ・高齢者にとっての最善の環境作りについて考える ―介護保険を見直して―
 ・知的障害者の就労の現状と課題      等々
   
 

 

 家族とは、本来、愛情と精神的安らぎをもたらす存在として、人生の一番大切なよりどころです。
 しかし、今日の家族は、ささやかな心のズレから家族間の殺傷にいたるまで様々な課題を抱え、家族のあり方に不安を感じる人々が増えてきています。
 本来の「家族機能の再建」と「関係性の充足」をキーワードに、家族間に流れる「愛」に焦点を当てながら、より良き家族関係を求めて、共に考えるたたき台として小冊子を発行いたしました。
 読者の年齢層は問いませんが、特にこれから新しい家族を形成していく中高生・大学生、そして子育て中の若いお父さん・お母さん方に読んでいただければ幸いです。

 「より良き家族関係をもとめて」 ~人生で一番大切なもの~
 著者 東日本国際大学 赤司秀明・
伊藤俊明・織内春江

    h23.2.2.22.jpg     
 冊子ご希望の方は下記メールに「冊子希望」として
  1、お名前  2、郵便番号・住所  3、年齢 を明記しお申し込み下さい。
 先着20名様にプレゼントいたします。
 【応募期間】 2011. 02. 21 ~ 2011. 03. 31

 学校法人 昌平黌(東日本国際大学・いわき短期大学)
  〒 970-8023 福島県いわき市平鎌田字寿金沢37
  メールアドレス 
pr@tonichi-kokusai-u.ac.jp
  TEL 0246-35-0037(企画・広報課)

 2月18日(金)東日本国際大学留学生別科「平成22年度春期修了証書・日本語学習認定書授与式」が執り行われ、留学生20名が巣立ちました。
 式では、修了生一人一人の名前が呼ばれた後、修了生を代表してキン・ピョン・ウィンさんに修了証書が手渡されました。

      h23.2.jpg

続いて、石井英朗学長から式辞、田久昌次郎理事長から祝辞が述べられました。

   h23.2.18-7.jpg  h23.2.18-3.jpg

 最後に留学生を代表して、中国出身の杜 莎莎さんが上達した日本語でお世話になった教職員の方々へ感謝の意を述べ終了しました。

        h23.2.18-5.jpg


 修了式後は謝恩会が行われ、留学生同士思い出を語り合い、また時には厳しく時には優しく指導してくださった先生方とも話が絶えず、名残を惜しんでいました。
 今後の皆さんのご活躍を教職員一同心から応援しております。

「リユースファンタジー2011」へ参加しました

 光と音のページェントinかしま実行委員会の主催による、「リユースファンタジー」のディナーコンサートが2月10日(木)に行われました。

 

ディナーコンサートでは、「リユースファンタジーinかしま」ペットボトルツリー点灯式にも参加し、地域の身近な環境問題やリサイクルの啓蒙活動に参加してきた実行委員会副委員長の本学経済情報学部3年小野寺信さんが開式の挨拶を行いました。
小野寺さんは「ボランティア活動(ペットボトルツリー制作等)での経験から環境問題を考える機会が多くなり、エコ活動への関心がより一層増しました。これからも身近な取組みをしていきたいです。」と今後の抱負を話しました。

 

IMG_1567_00.jpg IMG_1595_00.jpg 


また、卒業生がコンサートで演奏するなど地域活動が根付いていることを感じました。
IMG_1690_00.jpg