滋賀県大津市で「いわき復興物産展」を開催

 

112.jpg111.jpg113.jpg114.jpg

 

未曾有の被害をもたらした東日本大震災からの復興は、東北地方のみならず日本社会全体にとって喫緊の課題になっています。とくに、東京電力福島第一原子 力発電所事故による放射能汚染は、いわき市および福島県域のみならず、広範囲に長期に亘る被害をもたらそうとしています。

こうした中、地震・津波に加えて風評被害に苦しむ福島県いわき市の復興を側面支援するため、滋賀県大津市瀬田で11 月19-20 日の両日、いわき市と大津市の学生たちの企画運営による物産展を開くことになりました。

企画運営に携わっているのは、東日本国際大学(いわき市)経済情報学部・福迫昌之ゼミと、龍谷大学瀬田学舎(大津市)社会学部・築地達郎ゼミに所属する学生を中心とする、両大の学生メンバー(計13 名)です。

いわき市からは、いわき商工会議所の呼びかけに応じた6 社の物産事業者と市・商議所が、水産加工品、菓子、豆腐、農産加工品、果物、漬物など、地元自慢の物産を出展。両大の学生たちが物産事業者の方々と共に販 売に携わるとともに、放射能不安の払しょくを図るための説明ブースの設置、商品説明看板の設置など、風評被害に負けない商品力、マーケティング力の向上を 図ります。

物産展では、放射能・放射線安全性を徹底的に管理し、おいしく安全な物産を出展します。関西の消費者の皆さんにはいわき物産との出会いを通じて、被災地の復興に応援のエールを送るだけでなく、食の安全性についての認識も深めていただけるものと考えています。

〔企画概要〕
■イベント名
正式名称: はじめまして、いわきです。~福島県いわき市復興物産展in大津~『がんばっぺ いわき』
略  称: いわき復興物産展in大津

■日時
日  程:11月19日(土)、20日(日) 10時~18時(20日は17時まで)

■場所
場  所:大型商業施設「フォレオ大津一里山」ノースコート
住  所:〒520-2153 滋賀県大津市一里山七丁目 1番1号
電  話:077-547-0777

■主催
正式名称:いわき物産復興プロジェクトチーム
(東日本国際大学、龍谷大学、いわき市、いわき商工会議所)

■ご協力
商業施設「フォレオ大津一里山」(大津市瀬田大江町)の事業主体である大和ハウス工業株式会社からは、同施設内で物産展会場のご提供をいただきます。
いわき市を代表する観光施設である「スパリゾート ハワイアンズ」の事業主体である常磐興産株式会社には、震災復興への苦闘を取り上げたドキュメンタリー映画「がんばっぺ フラガール」関連の映像とグッズのご提供をいただきます。

■出展事業者・業種とおもな出展品
いわきあられ本舗味覚堂(菓子製造)あられなど
㈱おのざき(水産加工品製造販売)さんまポーポー焼き、さんまみりん干しなど
㈲しんごSUN(菓子製造)せんべいなど
とうふ屋大楽(豆腐製造販売)生キャラメル、とうふのかまぼこ、豆乳プリンなど
㈲とまとランドいわき(野菜栽培、農産品加工)トマト、トマトジュース、トマトゼリーなど
㈲長久保食品(漬物製造販売)しそ巻きなど
いわき市観光物産課・いわき商工会議所 いわき梨「新高」、うにの貝焼き

〔いわき物産復興プロジェクトについて〕
い わき市物産事業者の震災復興と地元産品の販路拡大を目指して、2011年8月に発足したマーケティングプロジェクト(いわき市「大学等と地域の連携したま ちづくり推進事業」助成事業)です。いわき市の物産事業者、いわき市、いわき商工会議所、東日本国際大学、龍谷大学など の関係者で構成しています(プロジェクトチーム代表:福迫昌之・東日本国際大経済情報学部教授)。

■問合せ先
東日本国際大学(〒970―8023 いわき市平鎌田字寿金沢37)
℡ 0246-35-0001 FAX 0246-25-9188(担当:山田紀浩 経済情報学部准教授)
いわき市商工観光部観光物産課 ℡ 0246―22―7477(担当:古川)