2012年3月アーカイブ

本学留学生が朝日新聞で紹介されました。

東日本国際大学経済情報学部4年の朱美善さん(韓国出身)が3月19日付朝日新聞2面「ひと」のコーナーに「福島にとどまり放送局に就職する韓国人留学生」と紹介されました。


震災後、一度韓国に避難し再びいわき市に戻り、気持ちは徐々に変わり福島県内の放送局を受験した経緯なども紹介されています。


新聞記事を読む 0319asa.pdf

 

0319.jpg

 

訪問介護員養成研修2級課程修了式を開催

平成24年3月9日(金)12時から、訪問介護員養成研修2級課程修了式が開催されました。

今年度受講している18名の学生さんのうち、11名に対して、修了証書が授与されました。
これらの学生さんは東日本国際大学福祉環境学部の2~4年生らであり、福祉施設等で内定をいただいている学生さんや、今後社会福祉士の資格取得にチャレンジする学生さんもおり、ここで得た知識と経験を今後の学び及び社会生活に大いに役立てていくことと思います。

h2 002_.jpg


これをもちまして、今年度における本事業の日程はすべて終了いたしました。
最後に、受講した学生さんを支援してくださった、講師の先生及び実習先でご指導をいただいた関係者の皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

 

 

地域研だより『地域』6号発行について

地域経済・福祉研究所は年間の研究成果を地域研だより『地域』に編集し刊行しています。

本年度分6号が2月20日に刊行されました。

ホームページにて全文を公開しておりますのでどうぞご覧ください。

 

http://www.shk-ac.jp/study/regional_eco_lab/index_a.html#t01

   227日(月)いわき総合高校で行われた異文化理解講座に本学の留学生4人(中国2名、韓国1名、ミャンマー1名)が参加しました。

 

 1時限目は学生たちが互いに、疑問に思っていることを質問し合いました。

 高校生からは「海外でも血液型相性を気にするのか」、本学学生からは「なぜ日本人は“すいません”というのか」という質問などが出ました。

 

DSCI0874.JPG

 

 

 2時限目には4グループに分かれ、自分たちのグループ名を作り、オリジナル地図の作成を行いました。

                                   DSCI0875.JPG

    いわき総合高校生にも本学留学生にも、とても有意義な時間でした。これからも異文化理解を通し人間的にも大きく成長してほしいです。

大学等と地域が連携したまちづくり推進事業の報告会

平成23年度「大学等と地域が連携したまちづくり推進事業の報告会」が、226日(日)いわき市文化センター大会議室で開催されました。

本学の地域経済・福祉研究所は、いわき市から“いわき市物産品および観光商品の高度化と体制整備による風評被害克服・地域活性化のための調査・実証実験事業”を委託され、具体的には滋賀県大津市で福島県いわき市復興物産展を開催しました。

報告は、経済情報学部3年の千葉正喜さんが行い、福迫昌之所長がまとめと質疑応答に対応しました。また、大津市での復興物産展を共催した龍谷大から築地達郎准教授が参加し、報告会場を飾りました。

会場からは、報告内容をもとにしたいわき物産品販売方法の検討に対する必要性の意見も出ました。

 

DSCI0870_.JPG