2012年12月アーカイブ

東日本国際大学 人材育成特別プログラムのお知らせ

東日本国際大学 グローバル人材・地域人材育成特別プログラム

私達はこれまでも地域の皆様と共に地域の振興を目指して活動を進めて参りました。そして、震災以降、地域に支えられての大学だと、ますます実感しております。

そこで、グローバル化する時代の中で、さらに大きく地域の振興に貢献できないかと考えた私達は、地域に貢献できる人材を育てるため、原則4年間大学学費全額免除または授業料全額免除による二つの特別奨学プログラムを提案いたします。

「英語上級特別プログラム」「公務員養成特別プログラム」です。


英語上級プログラム
経済活動が国境を越えて密接に繋がるグローバル化の中で、海外からの情報を理解できるだけでなく、こちらからも積極的に、事実上の国際共通語としての英語を活用して発信していける能力が、ますます必要とされています。

そしてグローバル化の中で、国レベルでの諸外国との外交や経済的つながりだけでなく、各地方、各地域が、世界とつながり、世界へ向け積極的に発信していくことが要請されています。

私達の震災の経験は、あらためてそうした世界とのつながりと発信の重要性を実感させるものでもありました。
当プログラムでは、入学時に英検2級程度の実力を持った学生を受け入れ、特別に組まれた英語教育プログラムを行うことで、世界と地域を繋ぐ人材の育成を目指します。

また、本学には様々な国からの留学生だけでなく、様々な国への留学経験を持つスタッフがおりますので、在学中の短期留学をはじめ、積極的に海外留学をサポートして参ります。

入試要項 sp12.pdf 


公務員養成プログラム
世界的な競争激化と共に様々な資源が集中に向かう中で、地域を守り発展させていくためには、地域のことを深く理解した人間が、広い領域で活動していく必要があります。

しかし、そのために例えば国家公務員を目指すとすると、まずは大都市部の大学に進学しなければ、という傾向がありました。

当プログラムでは、公務員試験合格を狙う人材を地域の中で育てることで、より地域に根差した形で、その振興に積極的に関わっていける人材を輩出することを目標とします。
しかし公務員試験での確実な合格のために、大学だけでなく、そのためのノウハウが蓄積された専門学校でもトレーニングを受けるダブルスクール受験者が多いのが現実です。

そこで、このプログラムでは、公務員試験受験のための専門家である公務員専門学校とも協力し(学費半額免除)、確実な公務員試験合格を目指して参ります。

入試要項 sp22.pdf

 

森田実客員教授就任記念講演会を開催しました。

12月19日、東日本国際大学の客員教授に就任された森田実先生による記念講演が開催されました。


学生時代に東京大学で鉱山学を学ばれておられ、在学時に常磐炭坑で1ヶ月の実習を受けられたという事でいわき市には思い入れのある森田先生は、幅広い教養をお持ちの観点から日本の政治の話から論語や東洋思想の話まで幅広く講演いただきました。


東日本国際大学では森田先生の一般公開の講演等を今後も予定しています。

 

IMG_0777_.JPG IMG_0793_.JPG

 

 

 

 

高大連携の一環として、福島県立いわき総合高等学校と本学の留学生との異文化交流を毎年実施しております。今年は、12月3日(月)福島県立いわき総合高等学校で行いました。33名の高校生に対し、最初は本学の韓国・中国・ミャンマー・ネパールからの留学生4名が、母国のことばや生活習慣など紹介しました。その後、4つのグループを分かれてさらに交流を深めていきました。

 

cats.jpg

いわき総合高校生にも本学留学生にも、とても有意義な時間でした。

これからも異文化理解を通し人間的にも大きく成長してほしいです。

 

11月29日(木)留学生別科では、小名浜(アクアマリンふくしま、いわきららみゅう、岬公園)に


学外学習に行きました。この日は朝晩の冷え込みが嘘のように暖かく、別科生は青空の下、友人達と


小名浜での一日を心行くまで満喫しました。


テレビでもよく取り上げられたように、アクアマリンふくしまやいわきららみゅうは、震災後、いわきの復興の象徴となっています。P1000979.JPG

P1000991.JPG
留学生はこの日いろいろなものを自分の目で見て、心で感じた事でしょう。

 

机に向かって行うのだけが勉強ではありません。

本や授業だけではなく、さまざまな経験を通して本学での留学生活を


意義のあるものにしていって欲しいと思います。