三重野 徹の最近のブログ記事

三重野徹学科長が日本経営工学会にて発表

本学経済情報学部学科長の三重野徹教授が、5月18、19日に開催された日本経営工学会平成25年度春季大会にて、オーガナイズド・セッションで発表を行いました。

 

大会テーマ 「進化の競争時代における経営工学」

発表タイトル : グローバル経営における技術戦略の考察 

発表日 : 2013年5月18日

場所 : 慶應義塾大学 矢上キャンパス 

発表概要 :

今日の経営環境はグローバルである。この環境において、メガ・コンペティション、商品サイクルの短命化がもたらせており、なお一層のイノベーションが求められている。一方ではM&Aが盛んになってきた。こういった環境での技術戦略に関して考察した。またこれを支援するシステムについてのグランド・デザインを行ったものを紹介する。

三重野徹教授が情報処理学会で講演

本学経済情報学部の三重野徹教授が3月に開催される情報処理学会全国大会で、講演することとなりました。

詳細は下記の通りです。

 

情報処理学会第74回全国大会(2012年3月6~8日)
大会スローガン 日常のICT、非日常のICT
 
講演タイトル: 情報格差のもたらす行動判断の考察 東日本大震災における実例
講演日: 2012年3月8日
場所: 名古屋工業大学
 
講演分野:コンピュータと人間社会
 
講演内容概略:
情報の社会的側面を今回の震災での実例から見直し、従来の情報学だけでなく、組織学の観点とパラダイムから新たな情報リテラシー、メデイア・リテラシーを作成するべきことを述べる。
 
情報処理学会第74回全国大会HP
http://www.ipsj.or.jp/10jigyo/taikai/74kai/index.html