2009年2月アーカイブ

 2月25日、東日本国際大学附属昌平高校2年生の皆さんへ、大学・短大についての進学説明会を開催しました。

 平成22年度の受験に向けて、考える第一歩として、最も身近な進路として、同じ昌平黌の中で学ぶ皆さんに、本学を知っていただく良い機会となりました。

 参加した約150名の生徒の皆さんは熱心に説明をきいてくださり、大学・短大に理解を深めてくれた様子でした。

tyukouh01.jpg

 いわき市体育協会スポーツ功労等表彰式が2月13日、いわきワシントンホテル椿山荘で開かれ、本学職員の遠藤峰盛さんが「優秀選手賞」を受賞しました。

 表彰式では出席した約40名の受賞者1人1人に、同協会の御代田公男会長から表彰状と記念品が手渡され、今後の更なる活躍に向けて激励を受けました。

 遠藤さんは第47回全日本教職員バドミントン選手権大会3位などの他、各種大会で活躍しており、このたびの受賞となりました。

・【就職内定者の声 4 佐河 祐希さん】

DSC00096.JPG

 佐河 祐希さん

東日本国際大学

福祉環境学部 社会福祉学科

 東日本国際大学附属昌平高等学校

【内定先】永井ひたちの森病院(茨城県日立市)

 

 

(1)大学での授業・ゼミ・課外活動などが、進路を決める上でどう役に立ったか。

 

 2年生の頃から特別養護老人ホームで、手芸クラブのボランティア活動を行ってきました。クラブ活動にも一緒に参加させていただき、利用者の方々も笑顔で一人一人素晴らしい作品を作っていたので、すごくいい経験になりました。

 また、職員の方々は障害の持っている利用者の方々の「力」を引き出すために様々な工夫をしたり、心配りや気配りがすばらしく、学ぶことがたくさんあり自分も心配り、気配りのできる職員になりたいと再認識させていただきました。

 

2) 就職活動を振り返り、内定獲得に向けて特に努力したこと。

 

 他県の情報は、インターネットで調べたり、市役所や福祉人材センターに行き福祉施設一覧を頂き、電話を掛け施設見学をさせていただきました。また、私は面接に自信がなかったので、キャリアセンターの先生に面接の練習をしていただき、たくさんのアドバイスを頂いたおかげで自信を持って面接に臨むことができました

 

 

(3)「こんな社会人になりたい!」といった今後の抱負

 

 利用者一人一人を大切にし、少しでも安心して楽しく過せてもらえるように心配り、気配りのできる職員になりたいです。

 

(4) 後輩達へのアドバイス。

 

 面接の練習をすれば、自身がつくので、頑張ってください。また焦らず一番やりたい仕事を探して下さい

 

 

・第12回「学内企業セミナー」が開催されました

 今回で12回目を数えた「学内企業セミナー」が26日(金)に開催されました。

学生にとっては採用担当者の皆様と直接話ができる絶好の機会となりました。

 参加した学生たちは、皆、熱心に採用担当者の方々の説明を聞き、自らの進路を真剣に考える姿が伺えました。今後の活躍に期待が持てそうです。

kigyou01.jpg 

・地域経済ウォッチング1月号を供覧いたします。

「いわき民報」に掲載されました「地域経済ウォッチング」1月分を供覧いたします。

1月分はこちらをご覧ください。

2月4日開催、東北電力(株)福島支店主催「お客様感謝セミナー」に参加しました。

セミナーには企業等85社が参加し、第一部の講演に続き、第二部では自治体・大学・企業等の16社のブースが設けられ、PR活動及び研究発表等が行われました。 

 本学では第二部に、美化推進委員の伊藤光一総務課長による同委員会の活動内容及び「環境宣言」と、東日本国際大学 福祉環境学部 赤司秀明教授による研究テーマ「ヒ素汚水から子どもを救え」を発表しました。

akasi02.jpg 

  この研究は、世界中の開発途上地域で問題化しているヒ素汚染飲料水対策として、「低コスト」「自立自助」「持続可能性」にこだわり、コーヒーの出し殻を利用して、ヒ素の除去方法の確立を目指しているものです。
 福祉環境の視点から研究を進めている本学の赤司研究室と技術開発の視点から進めている山形大学の皆川研究室では「コーヒーの出し殻によるヒ素汚染水の浄化」のテーマで学際的共同研究をしています。


akasi01.jpg

今後の実用化に向けて期待が寄せられていることもあり、多くの方々が本学ブースを訪れ熱心に説明に耳を傾けていました。

・砂田登士夫教授 最終講義が行われました

 2月4日に砂田登士夫経済情報学部教授(学術情報センター長)の最終講義が行われました。
 「あるシステムエンジニアの物語―システムの世界、教壇の世界―」と題された講義
では、システムエンジニアの草分けとして、富士通在職時代にビジネスの最前線で
培った知識や豊富な人生経験の一端をお話しになりました。
 学生には「人とのつながりを大事に。人の悪口を言わない」というメッセージを残されました。
講義終了後には卒業生、在学生から恩師へ、感謝をこめて花束の贈呈を行いました。

sunada saisyu.jpg

 

・「石名坂昌平寮」卒寮生送別会が催されました

 2月3日、本学の女子寮「石名坂昌平寮」の平成20年度卒寮生の送別会が開かれました。
 はじめに田久昌次郎 理事長、石井英朗 東日本国際大学長などが、卒寮を迎え、本学の卒業と社会への船出を間近に控えた学生たちに送別と祝福の言葉を贈り開会となりました。

 会が進むと、これまで生活を共にしてきた在寮生からの記念品贈呈やグループごとの色々な余興が催される中、卒寮生たちは、お世話になり親しんできた教職員もいつの間にか一緒に巻き込んで、別れの寂しさを一時忘れるように賑やかに盛り上がり、楽しい宴が繰り広げられました。   

ryou huda.jpg

 会の終盤には、卒寮生たちが、地元を離れての生活にはじめは不安もあった自分たちに、時に厳しく、時に優しく、親代わりのように接してくれた、緑川浩司 生活指導部長と緑川洋子 寮監に向けて感謝を込めたメッセージボードを手渡し、新たな門出を喜びながらも惜別の涙を抑えきれない様子でした。

ryoukan.jpg

 教職員一同、石名坂昌平寮を巣立つ皆さんの前途を祝し、また、それぞれの道での活躍を心よりお祈りしています。

 2月2日、福島民友新聞社による「女性のための社会科教室」が催され、いわき市内の施設見学などが行われました。

 当日は約40名の参加者の方々が見学コースの一番目として本学を訪れ、大学の雰囲気を感じて頂きながら、田村立波 東日本国際大学経済情報学部准教授による模擬講義を受講して頂きました。

han01.jpg