2009年7月アーカイブ

☆7月27日から新型インフルエンザに係る対応が変わりました

 これまでは、急な発熱と咳またはのどの痛みなどインフルエンザの症状がある方は、発熱相談センターへ相談し、新型インフルエンザが疑われる場合には、発熱外来を受診することとなっていましたが、現在、かかりつけ医など最寄りの医療機関で診察を受けることができます。


「インフルエンザかな・・・?」と思ったら

1 事前に、医療機関に電話をした上で受診しましょう。

 感染拡大防止のため、事前に電話連絡し、受診方法や受診時間等について確認してください。

2 受診の際には、必ずマスクを着用しましょう。


 

新型インフルエンザに関する相談窓口

今までの発熱相談センターは休止され、新型インフルエンザ相談窓口となります。 

一般的な新型インフルエンザに関する相談やかかりつけ医等がなく、受診する医療機関がわからない方に対する案内が受けられます。

開設時間 : 平日 午前8時30分から午後5時15分

   受 付 箇 所   電 話 番 号

 いわき市保健所

 0246-27-8596
 平地区保健福祉センター  0246-22-7621
 小名浜地区保健福祉センター  0246-54-2111
 勿来・田人地区保健福祉センター  0246-63-2111
 常磐・遠野地区保健福祉センター  0246-43-2111
 内郷・好間・三和地区保健福祉センター  0246-27-8692
 四倉・久之浜大久地区保健福祉センター  0246-32-2114
 小川・川前地区保健福祉センター  0246-83-1329

☆参考 いわき市ホームページ 

 

・東日本国際大学附属 昌平高等学校野球部 準優勝

 東日本国際大学附属 昌平高校野球部は、7月25日(土)「第91回全国高校野球選手権福島大会」決勝戦に臨み、準優勝の結果となりました。(下記のリンクをご覧ください)

 地元「いわきグリーンスタジアム」で行われた決勝戦、第1シードの強豪「聖光学院」に対し、
11安打を放ち、最終回も2死満塁まで詰め寄る奮闘も一歩及ばず<3-5>の惜敗を喫しました。

 最後まで応援いただきました皆様に心より感謝いたします。

 

☆リンク :  附属昌平高校HP 野球部紹介関連ブログ        
shouhei koko.jpg

 東日本国際大学附属 昌平高等学校野球部が「第91回全国高校野球選手権福島大会」の準決勝に勝利。 (下記のリンクをぜひご覧下さい)

本日(7月25日)決勝戦を戦います。

 昨日行われた、日大東北高等学校との準決勝では昌平高校ナインが一丸となり、延長12回の息づまる長期戦を6対5で制し、決勝進出を勝ち取りました。

 聖光学院高等学校との決勝戦は「いわきグリーンスタジアム」にて、本日13時開始予定です。
 みなさまのご声援よろしくお願いいたします!
  

 

☆リンク :  附属昌平高HP 校野球部紹介関連ブログ
         ☆福島県高校野球連盟
shouhei koko.jpg

・第3回オープンキャンパスを開催しました!

 7月18日(土) 本年度3回目のオープンキャンパスを開催いたしまたした。

 当日は、幸い朝方の雨も受付が始まる頃にはあがり、多くの方に送迎バスもご利用いただき、高校生のみなさんや保護者の方々など160名に近い皆様が参加者して下さいました。

<雨も上がり受付も参加者の皆さんで賑わいました>   <カキ氷で夏気分/フォト&メッセージに思い出を>

info.gif   etc.gif
 
今回は8月1日実施のAO入試直前でもあり、「AO・推薦入試対策講座」をメインとして特に受験生の皆さんに役立つイベントを企画いたしました。

<経済情報/福祉環境学部 入試対策講座>      <幼児教育科 入試対策講座>
―小論文・作文のポイント指導や、本番さながらの模擬面接など、参加者も皆さん真剣な面持ちでした―

4dai.gif  youzi.gif

<ワンポイントピアノレッスンは毎回大人気>     <相談コーナーで進学の不安を解消!>
piano.gif  
soudan.gif
 

次回は8月2日(日)の開催です。詳細はHP等で順次お知らせいたします。

 今回お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。次回も是非お越しいただけますよう心よりお待ちいたします。

 来る7月20日から25日に、中国・杭州市にて開催される「第6回アジア学生木球選手権大会2009」へ出場する代表チームの一員として、本学から、冨樫啓(福祉環境学部4年)七井大介(同学部4年)の両選手が選抜されました。

 二人は同学部の千葉洋子教授のゼミ生で、教授の勧めもあり「木球」という日本ではまだ馴染みの少ないスポーツへのチャレンジを始めました。この活動は同ゼミで学ぶ「生涯スポーツ」として、卒業論文のテーマにも繋がるもので、これまで、全国でもトップクラスの実力を持つ「いわき明星大学」の協力を得て、合同練習に参加するなど、地道な活動を続けてきました。
 
 本学の選手2名は、同
大会に「いわき明星大学」の代表、男子2名・女子2名の4選手とともに出場し、男子4選手が団体戦と個人戦、女子2選手は個人戦に出場いたします。
 
 15日には
6人の選手が市役所を訪れ、櫛田市長に大会出場を報告し、櫛田市長から激励の言葉を頂き、大会に向けて気持ちを高めています。

<参 考>
☆木球の由来☆

 1993年に台湾で生まれたスポーツです。台湾の翁明輝氏が、両親のために、どこでも手軽にできるゴルフのようなスポーツをと考案したのが始まりです。ウィケットやマレットなどの用具がビール瓶の形をしているのは、翁氏が無類のビール好きだったからという説もあります。ゴルフとの決定的な違いは、ボールを穴に入れるのではなく、ウィケットと呼ばれる通過門を通過させる点にあります。
日本では、福島大学の新谷崇一教授がはじめて紹介し、福島県を中心に普及が進んでいます。現在では、世界大会、アジア大会、アジア学生選手権などが開催されている国際的なスポーツです。

 789日の読売新聞に『大学の力』(教育力向上取組調査)が掲載されした。

 国公立143大学 私立大学386大学 合計529大学の中で、就職率データを基に本学で集計した結果の順位が、 

 

全国        529大学中  (本学24位

私立大学     386大学中  (本学12位

私立大学(東北)   29大学中  (本学2位

 

という状況でした。雇用環境が悪化している現状の中で、この結果は、本学でも明るいニュースです。

 いわき市保健所は7月7日午前、記者会見を開き、いわき明星大学に通う20歳代の男子大学院生3人が、新型インフルエンザの感染を確認したと発表しました

市内では初の感染者で、県全体では今回で5件、8人の感染が確認されました。学生さん各自が感染予防に心がけて行動するようにお願いします。

 

※  予防について

 

1.手洗い、うがいを積極的にしましょう。
 外出から帰ったら、石鹸を使って流水で手を洗いましょう。同時にうがいをしてください。  

 

2.咳・くしゃみエチケットを守りましょう。

 咳やくしゃみは見えないウィルス、唾液を飛ばしてしまいます。

 発熱、咳、くしゃみなどの症状があるときは、マスクを着用してください。 

 

3.身体によい生活習慣を実行し、自身の免疫力をつけましょう。

 規則正しい生活をして十分な睡眠、バランスのとれた食事を三食とるようにしてください。

  適度な運動を心がけましょう。 

 

4.不要な外出や人ごみを避けましょう。

 感染の危険を減らすために不要な外出や人ごみを避けるようにしてください。 

 

5.具合が悪くなったときに必要な体温計やマスク、飲料水などを準備して

  おきましょう。

 

※新型インフルエンザと思われる症状があった時は・・・ 

保健管理センター(0246-25-3811)に相談して下さい。

 

(休日等、保健管理センターに連絡できない場合、下記へ連絡して下さい)

☆直接医療機関へ行くと、他の患者さんへ感染させてしまう恐れがあります。

まず連絡し、今後の対応についてご相談下さい。

 6月30日(火)本学の「美化推進委員会」の呼びかけで、東日本国際大学・いわき短期大学の学生や運動部員・教職員が鎌田地区(キャンパス周辺1km程度)の清掃活動を行いました。
 
合わせて300名をこえるボランティア学生・教職員が、それぞれ所属ゼミ・部活などの班に分かれて、河川敷や付近の団地、また本学の女子寮(石名坂寮)・柔道場(黌道館)の周辺の地域を歩きながら、ゴミ拾いを行いました。
yakyu.jpg tyusya.jpg zyudo.jpg

 雨上がりで足場の悪い中の作業でしたが、ボランティア学生の皆さんも積極的にごみを拾い、最終的に軽トラック2台が満載になる程のゴミが集まりました。
bunbetu02.jpg bunbetu.jpg k-tora.jpg 

 今回の活動は、鎌田
48区が計画していた夏井川河川敷清掃活動に合わせて
実施し、 鎌田区のみなさまとの共同作業をとおして、地域との連帯を強くすることができました。

 美化推進委員会では今後も環境意識向上のために美化活動に励んで参ります。ご協力いただいた皆様に感謝いたします。