2010年1月アーカイブ

 1月27日、本学学生専用マンション「第二黌窓会館」 内の学生レストラン落成披露パーティーが行われ、施工関係業者の方々、報道関係者、東日本国際大学関係者などが出席し、完成を祝いました。

   <田久理事長 あいさつ>
   rest zen.jpg

 「第二黌窓会館」は、これまで運動部員たちの生活をサポートしてきました。近年、運動部員の体調管理を第一として、また金銭的、時間的にも節約を図る意味で、施設内の食堂設置が望まれ、これに応える形でこの度の落成を迎えることができました。
 この学生レストランでは管理栄養士を置き、料理長はじめ厨房をあずかるスタッフと共に、美味しくて身体に良い食事を提供できる体制を調えています。

   <石井学長 あいさつ>       <緑川事務局長 乾杯の発声> 
  rest gakut.jpg kanpai.jpg

 披露パーティーでは、田久昌次郎 学校法人昌平黌理事長 、東日本国際大学 石井英朗学長からの挨拶があり、落成を祝うと共に、運動部のこれからの活躍を祈る言葉を贈りました。
 緑川浩司 法人事務局長発声による乾杯の
後、真新しい厨房で作られた料理が振舞われる中、同会館を管理する「株式会社 大昌」西山部長からの挨拶と説明があり、レストランが設置された最上階 十三階からの眺望も楽しみながら、和やかな宴が催されました。 

 文武両道を目指す本学では、各種運動部が活動しています。中でも強化指定運動部となる硬式野球・柔道・卓球・弓道・バドミントン・サッカー・空手の各部員たちの多くは「第二黌窓会館」に入居し学業とスポーツの両立を目指し頑張っています。 
 二月中旬のオープンから、このレストランで部員たちに朝・夕食の提供を開始することとなり、今後の運動部の活躍にも更に弾みがつく 一つの機会になればと願っております。

 今回で13回目を数えた「学内企業セミナー」が1月21日(木)に開催されました。
学生にとっては採用担当者の皆様と直接話ができる絶好の機会となりました。

 参加した学生たちは、皆、熱心に採用担当者の方々の説明を聞き、自らの進路を真剣に考える姿が伺えました。今後の活躍に期待が持てそうです。

 kigyou01.jpg kigyou02.jpg kigyou03.jpg



 「学内企業セミナーへ」ご協力・ご参加頂きました各企業・団体の皆様に、この場を借りまして御礼申し上げます。

 

         参加企業・団体様(順不同・敬称略)
 学校法人中野学園 勿来幼稚園  トヨタカローラ福島㈱
 有限会社そら  寺島薬局㈱
 東日本旅客鉄道㈱水戸支社  ㈱金馬車
 自衛隊 いわき地域事務所  社会福祉法人相双記念会
 ㈱幸楽苑  日産部品福島販売㈱
 福島綜合警備保障㈱  アイ・イー・シー㈱
 ㈱相双コンピューターテクノロジー  大和冷機工業㈱
 トヨタカローラ山形㈱  ㈱マルト
 医療法人社団 青州会  アイ・ケイ・ケイ㈱いわき支店
 ㈱マルハン  高瀬物産㈱
 SOC㈱  福島県警察本部
 日検エンジニアリング㈱  好間保育所
 ㈱コメリ  ㈱ニラク
 タニコー㈱  セントラル警備保障㈱
 ㈱UNコンピューターテクノロジー  トヨタL&F福島㈱
 ネッツトヨタ郡山㈱  ㈱恒和薬品
 ㈱カスミ  北関東綜合警備保障㈱
 福島トヨタ自動車㈱  

東日本国際大学 入学試験 出願受付のお知らせ

<平成22年度 東日本国際大学 入学試験>

☆実施学部
 : 経済情報学部/福祉環境学部

☆試験区分
 : 一 般 入 試
 : 大学入試センター試験利用入試Ⅰ期
 : 編 入 試 験

☆出願期間 
 : 平成22年1月25日(月)~2月6日(土)

※受験ご希望の方は2月6日(土)必着にて、出願書類をお送り下さい。

お問合せは<入試広報センター:TEL 0246-35-0002>まで

 

「第2回専攻科進学相談会」が行われました

 いわき短期大学では、8日、学内にて「第2回専攻科進学相談会」を行いました。 
 今回は、保育士資格取得見込み・卒業見込みの2年生を中心に約15名の参加がありました。
    senkoka02.jpg
 
 相談会では鈴木専攻科長より介護福祉士の資格取得方法が、平成21年度より変更になり「新カリキュラム」のもとで現在学習が進められていること、平成23年度には国家試験が必須となるが、次年度および平成22年度までは国家試験免除であること、専攻科の1年間(介護実習を含めて)、卒業後の進路(過去の就職率100%であること)などの説明がありました。
 
 また、2月13日にⅡ期入学試験もあることから、小論文の書き方や面接を受ける際の注意点などの具体的なアドバイスもあり、専攻科進学を志す参加者も、みな真剣な面持ちで聞いていました。
 質問コーナーでは、経済事情による進学の困難さをカバーにはどうしたら良いかといった問いに、各種奨学金制度の説明や、本学幼児教育科卒業生は、過年度卒業生であっても入学金が全額免除になる制度などについて詳しく回答いたしました。
 
 進学相談会に参加していなくても、受験はできますので、保育士・幼稚園教諭そしてもう一つの資格として、介護福祉士資格取得に興味のある方は、積極的にお問い合わせください。