2010年11月アーカイブ

 光と音のページェントinかしま実行委員会の主催により、地域の身近な環境問題やリサイクルの啓蒙活動のため、毎年開催されている「リユースファンタジー2010inかしま」のペットボトルツリー点灯式が11月26日(金)、鹿島街道沿い「丸ほん家具」駐車場にて開催されました。

 当日は、東日本国際大学の学生9名、いわき短期大学の学生9名がボランティアスタッフとして参加し、会場設営や片付けなどのほか、軽音部と吹奏楽部による演奏で会場内を盛り上げました。
 今年は、はじめてツリー制作者を一般募集しており、本学も「かしまスカイツリー」という名で1基制作し、LEDで幻想的なツリーを披露し、“光と音”の両方に貢献することができました。

 h22.11.26-1.jpg  h22.11.26-2.jpg

<吹奏楽部による演奏>            <軽音楽部によるライブ>

 h22.11.26-3.jpg  h22.11.26-4.jpg

     h22.11.26-5.jpg

 秋季全国火災予防週間の一環として、東日本国際大学・いわき短期大学において、11月10日(水)学生・教職員約500名で防災避難訓練を実施しました。

 当日は「いわき市平消防署」及び「富士見防災通信㈱」・「㈱リアルタイム」の立会いの下に行われ、出火想定場所から煙が上がり火災報知のベル音が鳴ると一斉に、職員は各係に分かれ、通報連絡、初期消火、避難誘導、救護等を行いました。

 

 <火災現場確認>         <緊急放送>

  h22.11.10-1.jpg 

 

 <消防署へ通報>               <バケツリレーで消化>       

  

h22.11.10-3.jpg  h22.11.10-5.jpg
 

 <救護>                     <校庭へ全員避難>

  h22.11.10-4.jpg  h22.11.10-6.jpg

 

 その後、実際に消化栓を使った放水活動及び消火器を使っての消火訓練が行われましたが、使い慣れない消火器の操作に戸惑う場面もあり,参加した職員は緊張した面持ちで訓練の重要性を確認していました。

 <放水実演>            <消火器実演>

 h22.11.10-7.jpg h22.11.10-8.jpg

 

  訓練終了後は、本学 田久理事長並びに消防署より講評を頂きました。

 <理事長より>           <消防署より>

 

  h22.11.10-9.jpg  h22.11.10-10.jpg

 

 今回、指摘を受けた点をもう一度確認しなおし、万が一の災害時はすばやく避難できるよう、気を引き締めなおしたいと思います。

「いわき市平消防署」並びに「富士見防災㈱」・「㈱リアルタイム」の方々、ご協力ありがとうございました。

「広野町収穫祭」でボランティア活動

  116日(土)広野町公民館にて行われた「広野町収穫祭」でのボランティア活動に東日本国際大学の学生2名、いわき短期大学の学生2名が参加しました。

 大学生さんは、広野町のPRグッズを袋づめする作業を、短大生さんは、現地で行われた赤い羽根共同募金活動を行い、地域へ貢献してくることができました。

 

 

  h22.11.6-1.jpg  h22.11.6-2.jpg

 

「わせだ希望まつり」でボランティア活動

 11月3日(祝)いわき市泉町にある通所施設「希望の園」で行われた「わせだ希望まつり」へ、東日本国際大学の学生7名、いわき短期大学の学生2名がボランティアスタッフとして参加しました。

 

 

  h22.11.31.jpg   h22.11.32.jpg

駐車場の整理や舞台制作補助など活発に取り組み、お祭りの開催に貢献することができました。

 

 10月30日(土)に福島県立平養護学校、カナン村・野の花ホーム(同敷地内)祭りが開催され、東日本国際大学福祉環境学部の学生2名・いわき短期大学の学生3名がボランティアスタッフとして参加しました。

主にフリーマーケットや射的などの出し物のお手伝いをし、その中でも、トラやハロウィーンの着ぐるみを着た短大生は、子供たちにお菓子を配り大人気でした。

参加した学生さんたちは、来場した方々と一緒に楽しみながら活動することができました

 

    h22.10.301.jpg  h22.10.302.jpg

「石名坂昌平寮」の秋の遠足

 11月3日(水)、石名坂昌平寮の寮生は、毎年秋の恒例行事である「東京ディズニーランド」に行きました。

 当日は絶好の晴天に恵まれ、沢山のアトラクションやショーを回り、友人との楽しい1日を過ごしました。この遠足を通して、友人との親睦がはかれ、学生生活の大きな思い出の1つとなりました。

     h22.11.3.jpg