2011年4月アーカイブ

 平成23年4月29日(金)、本学に日本私立大学協会の小出秀文事務局長、渡部伸治調査役並びに日本私立短期大学協会の佐藤 存事務局長、佐藤康之局員が震災お見舞いのために来訪されました。

   h23.4.29.1.jpg   h23.4.29.2.jpg
 今回の震災にお見舞いのお言葉を頂き、今後の復興支援についての意見交換が行なわれ、全力挙げてのご支援をお約束頂きました。
 来訪されました皆様、心より感謝申し上げます。

 東日本大震災と福島第一原発の事故の影響でメンタルケアを必要とする学生に対する対処についてFD研修会を開催しました。

IMG_2358_00.JPG IMG_2366_00.JPG
 研修会は福祉環境学部の金子義宏教授と天野宗和教授が講師をつとめ、直接学生さん達と接する大学・短大の教職員に講演を行いました。

東日本国際大学・いわき短期大学は5月7日に入学式を行い、新学期がスタートします。

gakubu0420.png

bextuka20110420.png

 

     【English】pdficon_thumb.gifAnnouncement2.pdf

     簡 体 字pdficon_thumb.gifkanntaiji20110421.pdf     

                  繁 体 字pdficon_thumb.gifhantaiji20110420.pdf

 

支援物資の御礼(タイ国立アバイブーベ病院財団 様)

タイ国立アバイブーベ病院財団様から4月15日に、支援物資のご提供を賜りました。

支援物資の石鹸寄贈にはタイ国立アバイブーベ病院財団様の代理としてF..インターナショナル代表取締役の木村理恵様が来学され、直接理事長へ手渡されました。

遠く海外からの支援、心より御礼を申し上げます。

P1130241_00.jpg P1130246_00.jpg

支援物資の御礼(創価大学 様)

創価大学様から4月15日に、支援物資のご提供を賜りました。

創価大学学長山本英夫様が宮崎広報部長様ら創価大学職員の方々と支援物資を持参し来学されました

 P1130256_00.jpg

 

創価大学には震災後帰国前の留学生を一時受け入れていただいた縁があり、お世話になった留学生達がお礼を述べるため集まりました。

P1130272_00.jpg

 

 

また、集まった教職員も留学生も山本学長様の言葉に励まされ力づけられました。

心より御礼を申し上げます。

P1130267_00.jpg

 

 

 

 

支援物資の御礼(富士通 様・ナカバヤシ 様)

富士通 様・ナカバヤシ 様から、本学へ心温まる救援物資をお寄せいただきました。
 心より御礼申し上げます。

平成22年度 就職状況について

平成22年度卒業生の就職状況をお知らせいたします。

依然として就職難が続いていますが、今年度も学生さんたちの頑張りが実り、全国平均を上回る高い就職率を今年も得ることができました。

東日本国際大学

 経済情報学部 92.3%
 福祉環境学部 92.1%

主な就職先
・ 公務員関連 警視庁、陸上自衛隊、川口市役所、楢葉町役場
・ 医療・福祉機関 日本医療事務センター、あづま脳神経外科病院、長谷川病院、総合南東北病院福祉センター、神立病院、メデカジャパン、地域福祉ネット
・一般企業 石川島播磨重工、大和冷機工業、㈱ヨークベニマル、積水ハイム東北、サカイ引越センター、バイタルネット、ポロ、ラルフローレン、セノン、小名浜精錬所、石井工務店、羽田タートルサービス、㈱恒和薬品、日産自動車部品、リンペイ、トヨタカローラ福島、星印刷、JAしらかわ、TLネット
・ 教育関連 日本航空高校教員


いわき短期大学

 幼児教育科 100%
 幼児教育科専攻科福祉専攻 100%

※福祉専攻科は今年度も就職希望者全員就職を決め、22年連続就職率100%を達成しました。

教職員一同、皆さんのこれからの更なるご活躍を心より願っています。

 

 

サンデー毎日(7月24日号)大学就職率ランキングに掲載されました。

http://shk-ac.jp/blog/shk/2011/07/724.html

 

原発事故及び余震について 【韓国語】

kokuce-korea.png

制服を寄贈しました

 4月8日に本学臨時ブログで小学校、中学校、高校の制服を提供してほしいと呼びかけたところ、15日までに学生さん及び本学教職員から10着の制服がボランティアセンターに集まりました。ご協力ありがとうございました。
 集められた小学校・中学校・高校の制服は四倉郵便局を通じて、今回の震災で被災された児童、生徒の皆様が学校に通うために使われます。

0415.JPG

今後も「今こそ、本気でスクラム!勇気の前進!」のスローガンのもと、様々な面で復興へ向けて取り組んでいきます。

原発事故及び余震について

原発事故の事は毎日たくさん情報が流れています。
その中には事実の報道もあれば、誤解を招くような報道も多々あります。
国民の中には無責任報道の影響で風評に踊らされている人も少なくないのが現状であり、そのため多くの学生さん達が心を痛め、心配されている事と思いますので、本学が正しい情報として認知している情報をご報告いたします。


◎放射能測定値について
テレビやラジオで流れている、いわき市の環境放射能測定値は第一原発から約42㎞離れた本学から更に西南西2㎞(原発からは約43㎞)の距離にある「いわき市合同庁舎」で測定されています。
いわき市の公表している測定値と福島県、そして文部科学省の公表している測定値は相違なく、4月12日の測定値は0.32~0.40マイクロシーベルト(いわき市の平常値は0.05~0.06マイクロシーベルト)で日を追う毎に確実に数値は下がっています。
この数値は人体に影響はないと言われている値になっています。

◎原発との距離について
 本学のある約42㎞という距離についてですが、米エネルギー省が日米共同で実施している原発周辺の放射線観測データに基づき、原発から40キロ圏外の場所は避難する必要がない放射線量になったとする評価結果をまとめ、「日本の避難勧告も適切」としています。
また、いわき市長が4月11日にいわき市のホームページで、官房長官から発表された内容について、『今回の判断で、国が、いわき市の安全性を認めていただいた。市民の皆様にも「いわきは安全だ」ということで、御安心いただきたいと思います。』と書いています。

◎原発事故の暫定評価がレベル7になった事について
 国際原子力機関(IAEA)が福島第1原発事故の国際原子力事故評価尺度(INES)の暫定評価が旧ソ連のチェルノブイリ原発事故と同じ最悪の「レベル7」とした件については、専門家の方々から様々な見解が錯綜しています。しかし原発の今の状況が日々悪化しているという訳ではなく、環境放射能測定値の低下と本学と原発との距離から「レベル7」になったとの報道があっても慌てる必要はないと考えています。

◎地震について
 現在もいわき市は余震が発生し国内外に報じられています。余震後、一時停電や断水もありましたが、大学周辺は既に多くが復旧しています。校内は5月の授業開始に向け復旧作業が続いていますが、4月の余震で新たに大きな損傷は、今のところ発生しておりませんのでご安心下さい。

学生の皆さんはくれぐれも報道の内容を正しく理解し行動してください。

オープンキャンパス開催日決定のお知らせ

 

東日本国際大学・いわき短期大学のオープンキャンパスの開催日が決定しました。

 

今年は福島市・会津若松からも送迎バスを配車し高校生の皆さんのご来場をお待ちしてます。

 

開催日

平成23

 522() ・ 619() ・ 724()

 821() ・ 911()

平成24

 325()

 ※開催日は変更になる場合があります。

 

開催時間

 受  付 10:00

 開催時間 10:3014:30

 

開催内容(予定)

 模擬授業

 面接・小論文対策講座

 入試・学費・学生生活・就職等の相談

 ファイナンシャルプランナーによる教育資金講座

 

その他

お昼はバイキング(無料)

 

無料送迎バス

  福島市・二本松市方面       会津若松・郡山方面

 いわき市内・北茨城巡回   いわき駅

 無料送迎バスを運行します。

 

無料送迎車

  無料送迎バスのない地域でも原則4名様以上のグループでお申込いただければ、無料送迎車をご用意いたします。ご希望の方は開催3日前までに、「入学課」までご連絡下さい。

 

その他ご不明な点は、東日本国際大学・いわき短期大学 入学課までお問い合せ下さい。

 

東日本国際大学・いわき短期大学 入学課 0120-963-323(フリーダイヤル)

 

お見舞いのお礼

 東日本大震災の件につきまして、海外姉妹校をはじめ、国内外多くの皆様から
励ましのお手紙をいただき感謝を申しあげます。

 今回の震災は本学の施設等にも影響を与えましたが、学生、教職員は全員無事を確認しております。

これから復興に向け、一丸となって前進していきます。

 今後とも学校法人昌平黌をよろしくお願いいたします。
                                    学校法人昌平黌一同

復興スローガン
今こそ、本気でスクラム!勇気の前進!
~ここに仲間がいる、絆がある、未来がある。~


http://shkpr.blog39.fc2.com/blog-entry-25.html

在のいわきの様子(2011.04.05)new02-001.gif  IMG_kokusen7.jpg IMG_kokucen2.jpg IMG_kokucen1.jpg IMG_kokucen9.jpg

 現在いわきに戻って来ている留学生・学内の様子 2011.04.11)new02-001.gif IMG_kokusai5.jpg  IMG_kokusai6.jpg                今日は天気がよかったので、アルバイトに行く前に、留学生と国際センターの職員や先生と写真を撮りました。

  IMG_36510411.jpg  IMG_364001.jpg

   学内の桜も八分咲きになってきました 。


 

info01.jpg

 【韓国】 

 kokucen5.png

      KOREA.20110415.pdf new02-001.gif

      KOREA.20110404.pdf   

   KOREA.20110331.pdf

 


 

 【中国】

  kokusai001.png

 

  kokucen113.png CHINA3.20110402.pdf

 kokucen112.png  CHINA1.20110331.pdf 

 kokucen111.png  CHINA1-2.20110401.bmp 

  kokucen006.jpg    CHINA4.20110405.pdf

    china0415.png          CHINA.20110415.pdf 

 2011042012.png kanntaiji20110420.pdf new02-001.gif 

 

  kokusai002.png

 

  kokucen113.png CHINA3.20110402.pdf

  kokucen112.png  CHINA2.20110331.pdf

   kokucen111.png   CHINA2-2.20110401.bmp

  kokucen006.jpg CHINA5.20110405.pdf     

     china0415.2.png         CHINA2.20110415.pdf 

  201104201.png  hantaiji20110420.pdfnew02-001.gif 

 

 

 

 

東日本大震災特別支援AO入試

平成2342日(土)

緊 急 告 知

 

東日本国際大学・いわき短期大学 東日本大震災特別支援AO入試

 

1.募集内容 

  募集人員  :東日本国際大学経済情報学部 若干名    

        :東日本国際大学福祉環境学部 若干名

        :いわき短期大学幼児教育学科 若干名

 

2.出願資格  :東日本大震災被災者で高等学校を卒業した方

 

3.日  程

 試 日  :平成23420日(水)

 出願期間  :平成234月 4日(月)~416日(土)

 合格発表  :平成23423日(土)

 手続期間  :平成23425日(月)~430日 ()

 

4.面接会場   :本学会場  東日本国際大学・いわき短期大学

 福島県いわき市平鎌田字寿金沢37

 

5.選考方法   :面接(短大は実技含む)、自己推薦書、出願書類

 

6.時間割    :時間帯は受験票で個別にお知らせします

 

7.受験料    :無料

 

8.出願書類   :入学志願書、調査書、自己推薦書 (本学所定用紙)

(調査書については、間に合わない場合は後日提出可能、電話問合せ要)

 

9.特別支援内容 : 1.学費免除(被災状況に応じて)

           2.学生マンション・昌平寮提供及び部屋代免除

 

※ 被災者は、被害状況に応じて下記の証明書が必要となります

   ・罹災証明書 ・失業を証明する書類等

 ただし、間に合わない場合は、電話連絡の後、後日提出可能です。また、支援期間は、原則として1年間ですが、2年次以降は状況に応じて対応いたします。

 なお、出願書類の請求ならびにご不明な点は下記までお問合せください。

 

  問合せ先 東日本国際大学・いわき短期大学 入学課

      (TEL) 0246-35-0002

      (フリーダイヤル)0120-96-3323

 

 

支援物資の御礼(中華人民共和国駐新潟総領事館 様)

 4月1日、中華人民共和国駐新潟総領事館の領事の方々が本学を訪問し、
本学でとった留学生の安全措置の対応に対し領事館としてのお礼を示すとともに、
食品並びに飲料水のご提供を賜りました。心より御礼を申し上げます

 IMG_3600_00.JPG