保健管理センターの最近のブログ記事

新型インフルエンザの対応について

 

 連日の新型インフルエンザ感染拡大に伴い先日厚生労働大臣から「本格的流行が既に始まっている可能性があり、今後学校再開後はさらに感染が急拡大することも十分考えられる」と発表されました。

 

 学生及び教職員の皆様には、下記事項を確認し、感染予防の徹底をお願いいたします。

 

 

1、新型インフルエンザの症状

 のどの痛み、鼻水、くしゃみ、せき、頭痛、寒気などとともに発熱症状、筋肉痛、関節痛、眼球の痛み、下痢など幅広い症状がみられます。

 

2、新型インフルエンザの感染経路

 飛沫感染と接触感染があります。


 1) 飛沫感染:感染者のせき、くしゃみ、つばなどの飛沫とともに放出したウイルスを吸入することによって感染します。

 

 2) 接触感染:感染者がくしゃみやせきを手で抑えた後や、鼻水を手でぬぐった後に、机やドアノブ、スイッチなどに触れるとそこにウイルスが付着します。そのウイルスを他の人が手で触れて目・鼻・口に触れることにより粘膜・結膜などを通じてウイルスが体内に入って感染します。

 

3、新型インフルエンザの予防法

 1) 手洗い、うがいを積極的にしましょう

外出から帰ったら石鹸を使って手指・爪の間から腕までていねいに洗い流水で流しましょう。

 
 2) 
せき・くしゃみエチケットを守りましょう。

せき・くしゃみの際はティッシュやハンカチで口と鼻を被い、他の人から顔をそらすことを心がけてください。

 使ったティッシュは直ちにゴミ箱に捨て、せきやくしゃみをおさえた手は直ちに洗いましょう。

”せき”や”くしゃみ”などの症状があるときはマスクを着用してください。

 

 3) 身体によい生活習慣を実行して、自身の免疫力をつけましょう。

  規則正しい生活を心がけ十分な睡眠・休養をとりましょう。

  適度な運動をしましょう。

 

 4) 不要不急な外出を控えましょう。

  繁華街、人ごみを避けましょう。感染の危険を減らすために注意して行動しましょう。

 

 5)体温計、マスク、飲料水などを準備しておきましょう。

 

4、「インフルエンザかな・・」と思ったら。

感染が疑われる症状が現れたときの対応

 ※登校せずに事前に医療機関に電話をした上で受診しましょう。

 感染拡大防止のため、事前に連絡をして、受診方法や受診時間などについて確認してください。

 

1)   受診時は必ずマスクを着用してください。

 

2)   各地の保健所に新型インフルエンザに関する相談窓口があります。

 

4) 新型インフルエンザと思われる症状があった時は大学の保健管理センターに相談してください。(0246-25-3811)

 

5) インフルエンザと診断された場合は大学に連絡の上、医師の指示に従い療養に専念してください。

 

6) 基礎疾患(慢性呼吸器疾患や心疾患)を持っている場合は、罹患すると重症化の恐れがありますので、体調管理に十分配慮して生活してください。

☆7月27日から新型インフルエンザに係る対応が変わりました

 これまでは、急な発熱と咳またはのどの痛みなどインフルエンザの症状がある方は、発熱相談センターへ相談し、新型インフルエンザが疑われる場合には、発熱外来を受診することとなっていましたが、現在、かかりつけ医など最寄りの医療機関で診察を受けることができます。


「インフルエンザかな・・・?」と思ったら

1 事前に、医療機関に電話をした上で受診しましょう。

 感染拡大防止のため、事前に電話連絡し、受診方法や受診時間等について確認してください。

2 受診の際には、必ずマスクを着用しましょう。


 

新型インフルエンザに関する相談窓口

今までの発熱相談センターは休止され、新型インフルエンザ相談窓口となります。 

一般的な新型インフルエンザに関する相談やかかりつけ医等がなく、受診する医療機関がわからない方に対する案内が受けられます。

開設時間 : 平日 午前8時30分から午後5時15分

   受 付 箇 所   電 話 番 号

 いわき市保健所

 0246-27-8596
 平地区保健福祉センター  0246-22-7621
 小名浜地区保健福祉センター  0246-54-2111
 勿来・田人地区保健福祉センター  0246-63-2111
 常磐・遠野地区保健福祉センター  0246-43-2111
 内郷・好間・三和地区保健福祉センター  0246-27-8692
 四倉・久之浜大久地区保健福祉センター  0246-32-2114
 小川・川前地区保健福祉センター  0246-83-1329

☆参考 いわき市ホームページ 

 

 いわき市保健所は7月7日午前、記者会見を開き、いわき明星大学に通う20歳代の男子大学院生3人が、新型インフルエンザの感染を確認したと発表しました

市内では初の感染者で、県全体では今回で5件、8人の感染が確認されました。学生さん各自が感染予防に心がけて行動するようにお願いします。

 

※  予防について

 

1.手洗い、うがいを積極的にしましょう。
 外出から帰ったら、石鹸を使って流水で手を洗いましょう。同時にうがいをしてください。  

 

2.咳・くしゃみエチケットを守りましょう。

 咳やくしゃみは見えないウィルス、唾液を飛ばしてしまいます。

 発熱、咳、くしゃみなどの症状があるときは、マスクを着用してください。 

 

3.身体によい生活習慣を実行し、自身の免疫力をつけましょう。

 規則正しい生活をして十分な睡眠、バランスのとれた食事を三食とるようにしてください。

  適度な運動を心がけましょう。 

 

4.不要な外出や人ごみを避けましょう。

 感染の危険を減らすために不要な外出や人ごみを避けるようにしてください。 

 

5.具合が悪くなったときに必要な体温計やマスク、飲料水などを準備して

  おきましょう。

 

※新型インフルエンザと思われる症状があった時は・・・ 

保健管理センター(0246-25-3811)に相談して下さい。

 

(休日等、保健管理センターに連絡できない場合、下記へ連絡して下さい)

☆直接医療機関へ行くと、他の患者さんへ感染させてしまう恐れがあります。

まず連絡し、今後の対応についてご相談下さい。

・新型インフルエンザに関する注意について(重要)

学生及び教職員 各位

東日本国際大学長 石井   英朗
いわき短期大学長 田久 昌次郎

             
新型インフルエンザに関する注意について
 

  WHOにおいてインフルエンザのパンデミック警戒レベルがフェーズ5に引き上げられました。

 こうした事態を受け、厚生労働省は、メキシコ・アメリカ・カナダにおいて新型インフルエンザの発生を宣言しました。

<新型インフルエンザとは>
 新型インフルエンザとは、動物のインフルエンザウイルスが、人の体内で増殖できるように変化し、人から人へと容易に感染できるようになったもので、このウイルスに感染して起こる疾患を「新型インフルエンザ」といいます。


☆予防のための三原則

 1.感染経路の遮断

   ・外出後は必ずうがいし、石鹸で手洗いをする。顔やメガネも洗う。
   ・咳をする人が近くにいたり、病院や電車など人ごみに出た時は
   うがい・手洗いをこまめに行う。
   ・部屋の換気を定期的に行い、飛まつが漂う危険を減らす。

 2.抵抗力をつける

   ・バランスのとれた食事を三食きちんととる。
   ・規則正しい生活をし、睡眠を十分にとる。
   ・過度の厚着を避け、適度な運動をする。

 3.ウイルスからの隔離

   ・病人がいる部屋は換気をよく行い、食器は別のものにする。
   ・かかってしまったらマスクをつけ、外出を避けて人にうつさないようにする。