附属研究所・研究会の最近のブログ記事

 震災後、復興に尽力した本学緑川浩司理事長が、お世話になった姉妹校を訪問いたしました。今回は、理事長就任後初めての海外姉妹校訪問であります。image.jpeg 成均館大学校600周年記念棟にある本部にて、本学緑川浩司理事長と成均館大学校李基東大学院長との記念撮影

 

 

image2.jpeg

image3.jpeg

 

image5.jpeg 朝鮮王朝時の成均館博士を務めた実学思想家、『牧民心書』の著者、水原華城の設計者、挙重機の発明家である茶山丁若鏞(1762~1836)先生の生家跡を見学しました。

 

「震災から一年」シンポジウムを開催します

東日本大震災から1年となる3月10日、東日本国際大学主催の学術シンポジウム「震災から一年」を開催いたします。

シンポジウムでは、テレビにも出演されている中島岳志北海道大学院准教授が基調講演を行うほか、パネルディスカッションには福島県双葉郡富岡町の遠藤勝也町長にご登壇いただきます。

高校生や大学生にもわかりやすいシンポジウムですので、皆様のご来場をお待ちしております。


-無料送迎バスのご案内-

いわき駅前から会場(東日本国際大学附属昌平中学・高等学校体育館)まで無料送迎バスを運行いたします。

・いわき駅前交番前 ~ 会場   13:15  13:30

・会場 ~ いわき駅前  16:50~

バスご利用の方は電話でお申し込みください。  

お申し込み電話番号 0246-35-0415


シンポジウム開催趣旨

昨年3月11日、私たちは未曽有の大震災を経験いたしました。今日「東日本大震災」と呼ばれるこの大災害で、福島県はいわゆる「三重苦」を強いられ、現在に至っております。まず第一が地震と津波による地震被害、第二が福島第一原子力発電所の損壊による放射能災害、そして最後に原発による風評被害がそれにあたります。
すでにご高承のように、福島県、なかでも原子力発電所を抱える浜通りは、震災から一年近くを経過した現在においてもなお、震災のもたらした困難に直面し続けております。テレビ等で日々報道される放射能値や除染をめぐる各自治体の混乱などは、原発問題が短期間で終結する問題ではないことを如実に物語っております。 
これらの引き続く困難は、浜通り地域の将来、国家の原子力政策、ひいては原子力と人間はどのように共生していくべきなのかといった、文明論的な問題を私たちに突きつけています。すなわち、この度の東日本大震災にともなう原子力発電所の問題は、一原子力発電所や東京電力の問題を超えて、「地域社会と原子力はどのようなかたちで向き合っていくべきなのか」「私たち人間は、今後どのような生き方を選択して行くべきなのか」という、文明論的な射程をもった問題を私たちに喚起しているのではないでしょうか。
将来にまで持ちこされる原発問題を、深く考えることは、現在を生きる我々福島の人間、そして日本人に課せられた重大な責務の一つであると考えます。
つきましては、このたび≪東日本国際大学学術シンポジウム≫として、シンポジウム「震災から一年 フクシマの復興と日本の将来」を開催いたします。「フクシマ」というカタカナ名の副題には、今回の問題を広く世界的なレベルで考えたいとの主催者の思いが込められております。
登壇者には、いま震災と原発を語るのに最もふさわしい多彩な方々が一堂に会し、総合検証を行うことといたしたく存じます。
基調講演には、『中村屋のボース』で大仏次郎賞・アジア太平洋賞を同時受賞され、また政治問題について積極的な発言を行われている新進気鋭の論客、中島岳志・北海道大学大学院准教授にお願いいたします。
続いてのパネルディスカッションでは、まず遠藤勝也・福島県双葉郡富岡町町長に、原発問題の最前線で指揮をとられている現状報告と、貴重な経験をお話いただきたいと思います。
引き続き片岡龍・東北大学大学院准教授には震災後、被災地をまわられた経験と有識者の立場から、今回の問題点をあらためて明確にしていただきます。
また福迫昌之・東日本国際大学経済学部長、兼地域経済・福祉研究所所長には、いわきから見た震災と原発の意義について論じていただく予定です。
また主催者側として、コーディネーター役を先崎彰容・東日本国際大学東洋思想研究所准教授にお願いし、学問と、震災・原発という現実とを架橋する、確実な議論を引き出していくよう努めてまいります。
東日本大震災がもたらした課題は、いまだ解決には至ってはおりません。我々は、震災を教訓に未来志向をもって、新たな道筋を照らし出すシンポジウムの開催に尽力したく存じます。皆様には何とぞご高察のうえ、ご支援・お力添えを賜りますよう宜しくお願いのほど申し上げます。

                                     「震災から一年」シンポジウム実行委員会

 

2012031001.jpg 2012031002.jpg

シンポジウムに関するお問い合わせ:総務部 0246-35-0415

 

※ 終了予定時間が16時40分に変更になりました。

 

創立110周年に向けて、新たな前進、さらなる前進

福島県内の新聞に掲載され反響を呼んでいる『東日本国際大学』と『いわき短期大学』の現状と様々な取り組みを紹介した記事をご紹介します。

人を思いやり、心を施すー東日本国際大学(石井英朗学長)・いわき短期大学(田久昌次郎学長)は、儒学の教えを建学の精神として、人間性豊かな人材の育成に取り組んできた。
「義のこころ」を大切にする教瞰員と学生の絆は、千年に一度といわれる大宸災をも乗り越え、復興を旗印に前へ進む力をより強くしている。
平成二十五年には開学百十周年を迎え、これに合わせて新校舎も完成予定。
新たな時代に向けて動き始めている学校法人昌平饗・東日本国際大学といわき短期大学の歩みと今、そして未来への展望について詳しく紹介する。

newlogo.JPG

・面倒見の良い大学と言われる理由
・乗り越える力を磨くオープンマインドスピリッツ
・東日本国際大学発、未来への提案
・就職率92・2%の実績、今年は昨年を超える勢い
・今こそ発信、東洋的発想の強みをいわきから世界ヘ
・社会の実践で生きる「地頭力(じあたまりょく)」を養う
・困難を乗り越える中で確信した大切なこと


詳しくはこちら( 20111117.pdf )をご覧ください。

 

 

 6月22日(火)、学内「大成殿」において、大成至聖先師孔子祭」を執り行ない、また、翌日6月23日(水)はいわき芸術文化交流館ALIOS大ホールにて、いわき短期大学創立45周年及び東日本国際大学創立15周年記念式典を開催いたしました。

 本学では、孔子の教えに基づく「儒学」を建学の精神としており、孔子の業績を讃えると共に、この精神を具現化、可視化ともなる神聖な行事として、毎年「大成至聖先師孔子祭」を開催しています。

P6220035_00.JPG P6220083_00.JPG

     <厳かに神事が行われました>             <玉串奉奠>

 

P6220133_00.JPG P6220172_00.JPG

 <田久昌次郎理事長あいさつ>              <国外のご来賓の方々と記念撮影>

 

 「いわき短期大学創立45周年及び東日本国際大学創立15周年記念式典」においては、国内外からのご来賓の方々と本学学生及び附属昌平中学・高校の生徒合わせて約1,380名が出席し、第1部で、田久昌次郎理事長・石井英朗東日本国際大学長の式辞の後、渡辺敬夫いわき市長(代理:伊東正晃副市長)、石川忠久財団法人斯文会理事長、小出秀文日本私立大学協会事務局長よりご祝辞を頂きました。また、多年にわたり本学発展のためご尽力をいただいた園部嘉男 教育振興会長並びに鈴木 一 論語素読教室元講師に対し功労賞が表彰され、続いて本学教職員永年勤続者22名が表彰されました。

20100623 (16)_00.JPG 20100623 (5)_00.JPG

20100623 (59)_00.JPG 20100623 (75)_00.JPG
 <功労賞受賞 園部嘉男 教育振興会長、鈴木 一  論語素読教室元講師>

 


 その後、韓国重要無形文化財第1号「宗廟祭禮楽保存会」による記念公演、第2部 国立台湾大学 教授 葉 國 良 先生の基調講演と国際シンポジウムが行われました。

P1090231_00.JPG 20100623 (183)_00.JPG

20100623 (121)_00.JPG P1090262_00.JPG

 〈韓国重要無形文化財第1号「宗廟祭禮楽保存会」による公演〉

 

 20100623 (301)_00.JPG

  <国立台湾大学教授 葉國良先生 基調講演>

P1090284_00.JPG   P6230029_00.JPG

        〈国際シンポジウム〉                             〈国際研究Talk Lounge〉

 

 最後は、会場を移して海外来賓の「歓迎晩餐会」が盛大に執り行われ幕を閉じました。

 P6230036_00.JPG P6230074_00.JPG

 

 

 本学の水田健副学長を団長とする中国姉妹校訪問団一行は、今月2日中国大連民族学院を表敬訪問しました。
dairen01.jpg

 両校の交流を更に深める為の交流内容についての交流会議を行いました
dairen03.jpg

 短期研修で3カ月半の間大変お世話になった本学の学生について御礼を申し上げまして、記念撮影をしました。
dairen02.jpg

 中国安徽大学とは2001年から様々な国際会議やシンポジウムそして学生交流等を通して交流を深めてきました。
 この度は、相互の更なる発展とともに、より実践的な交流関係を樹立にするため、緑川浩司副理事長を訪問団長とする中国姉妹校訪問団一行は今月16日から19日まで4日間の日程で中国安徽省合肥市所在の安徽大学を訪問し熱烈歓迎を受けました。

 

<両校の交流について会談する
 本学校法人
緑川浩司副理事長         <両大学間交流協定更新の為 
 と中国安徽大学牛立文副学長>            再調印式を行いました。>                           
 anki kaidan.jpg   anki tyoin.jpg

  

                             <哲学学部との研究会の後、
<調印式後の記念撮影>               孔子像の前で記念撮影>
anki tyoingo.jpg  anki kinen.jpg

 なお、具体的な訪問内容については本学の東洋思想研究所のホームページにて近日中掲載されますのでご覧ください。

 6月22日(月)学校法人昌平黌と成均館大学校との協定調印式を実施いたしました。
teiketu01.jpg
 
 東日本国際大学と成均館大学校儒学東洋学部とは1996年6月23日初めて協定を締結し、以来交流を続けており、
昨年には東日大附属高校の修学旅行に研修先として成均館大学校を訪問し、熱烈な歓迎をいただくなど親交を深めています。
 
 
このたび儒学の殿堂である成均館大学校との交流を東日本国際大学だけでなく、いわき短期大学、また大学附属昌平中高等学校・短期大学付属幼稚園も含め、より幅広く進めていきたいとの考えに基づき、本学校法人昌平黌との協定を締結する運びとなりました。 
 
 更に、成均館大学校「東アジア学術院儒教文化研究所」の所長より学術分野の交流を深めていきたいとの要請もいただき、本学の「東洋思想研究所」ならびに「儒学文化研究所」との協定も同時に締結いたしました。
 
teiketu03.jpg teiketu02.jpg