地域経済研究所の最近のブログ記事

 震災後、復興に尽力した本学緑川浩司理事長が、お世話になった姉妹校を訪問いたしました。今回は、理事長就任後初めての海外姉妹校訪問であります。image.jpeg 成均館大学校600周年記念棟にある本部にて、本学緑川浩司理事長と成均館大学校李基東大学院長との記念撮影

 

 

image2.jpeg

image3.jpeg

 

image5.jpeg 朝鮮王朝時の成均館博士を務めた実学思想家、『牧民心書』の著者、水原華城の設計者、挙重機の発明家である茶山丁若鏞(1762~1836)先生の生家跡を見学しました。

 

 福島県が県内外の大学に委託して実施する「大学生の力を活用した集落活性化事業」に東日本国際大学の「地域まちづくり研究グループ」が参画しています。
 経済情報学部学生の有志から成る同グループでは、塙町の矢塚区で来年廃校になる小学校の分校を活用した地域振興策の調査などに取り組んでいます。

区民アンケートや集会でのヒアリング調査のほか、分校で開かれた子ども祭りに参加し、親交を図りました。

11月開催予定の「県民討論会」での発表を目標に現在鋭意調査を進めています。

     h22.10.18-1.jpgのサムネール画像

      h22.10.18-2.jpg

 

 9月9日から13日に開催された柔道世界選手権に出場したコロンビア代表選手と東日本国際大学柔道部学生との合同練習会が29日・30日の2日間、本学柔道場で行われています。
 その練習会の模様が福島テレビ(FTⅤ)で本日(9月29日)18時17分~19時のスーパーニュースで放送されますので、ぜひご覧下さい。

 

 <学生とコロンビア代表選手>         <本学 江種特別コーチとコロンビア代表選手>

  h22.9.29-1.jpg   h22.9.29-2.jpg

 <取材を受けるコロンビア代表選手>     <コロンビア代表選手が田久理事長と面談>

  h22.9.29-3.jpg   h22_9_29-4-n.jpg


・地域経済ウォッチング2・3月号を供覧いたします。

「いわき民報」に掲載されました「地域経済ウォッチング」2・3月分を供覧いたします。

2月分3月分はこちらをご覧ください。