儒学文化研究所の最近のブログ記事

 震災後、復興に尽力した本学緑川浩司理事長が、お世話になった姉妹校を訪問いたしました。今回は、理事長就任後初めての海外姉妹校訪問であります。image.jpeg 成均館大学校600周年記念棟にある本部にて、本学緑川浩司理事長と成均館大学校李基東大学院長との記念撮影

 

 

image2.jpeg

image3.jpeg

 

image5.jpeg 朝鮮王朝時の成均館博士を務めた実学思想家、『牧民心書』の著者、水原華城の設計者、挙重機の発明家である茶山丁若鏞(1762~1836)先生の生家跡を見学しました。

 

 6月22日(火)、学内「大成殿」において、大成至聖先師孔子祭」を執り行ない、また、翌日6月23日(水)はいわき芸術文化交流館ALIOS大ホールにて、いわき短期大学創立45周年及び東日本国際大学創立15周年記念式典を開催いたしました。

 本学では、孔子の教えに基づく「儒学」を建学の精神としており、孔子の業績を讃えると共に、この精神を具現化、可視化ともなる神聖な行事として、毎年「大成至聖先師孔子祭」を開催しています。

P6220035_00.JPG P6220083_00.JPG

     <厳かに神事が行われました>             <玉串奉奠>

 

P6220133_00.JPG P6220172_00.JPG

 <田久昌次郎理事長あいさつ>              <国外のご来賓の方々と記念撮影>

 

 「いわき短期大学創立45周年及び東日本国際大学創立15周年記念式典」においては、国内外からのご来賓の方々と本学学生及び附属昌平中学・高校の生徒合わせて約1,380名が出席し、第1部で、田久昌次郎理事長・石井英朗東日本国際大学長の式辞の後、渡辺敬夫いわき市長(代理:伊東正晃副市長)、石川忠久財団法人斯文会理事長、小出秀文日本私立大学協会事務局長よりご祝辞を頂きました。また、多年にわたり本学発展のためご尽力をいただいた園部嘉男 教育振興会長並びに鈴木 一 論語素読教室元講師に対し功労賞が表彰され、続いて本学教職員永年勤続者22名が表彰されました。

20100623 (16)_00.JPG 20100623 (5)_00.JPG

20100623 (59)_00.JPG 20100623 (75)_00.JPG
 <功労賞受賞 園部嘉男 教育振興会長、鈴木 一  論語素読教室元講師>

 


 その後、韓国重要無形文化財第1号「宗廟祭禮楽保存会」による記念公演、第2部 国立台湾大学 教授 葉 國 良 先生の基調講演と国際シンポジウムが行われました。

P1090231_00.JPG 20100623 (183)_00.JPG

20100623 (121)_00.JPG P1090262_00.JPG

 〈韓国重要無形文化財第1号「宗廟祭禮楽保存会」による公演〉

 

 20100623 (301)_00.JPG

  <国立台湾大学教授 葉國良先生 基調講演>

P1090284_00.JPG   P6230029_00.JPG

        〈国際シンポジウム〉                             〈国際研究Talk Lounge〉

 

 最後は、会場を移して海外来賓の「歓迎晩餐会」が盛大に執り行われ幕を閉じました。

 P6230036_00.JPG P6230074_00.JPG

 

 

 6月22日(月)学校法人昌平黌と成均館大学校との協定調印式を実施いたしました。
teiketu01.jpg
 
 東日本国際大学と成均館大学校儒学東洋学部とは1996年6月23日初めて協定を締結し、以来交流を続けており、
昨年には東日大附属高校の修学旅行に研修先として成均館大学校を訪問し、熱烈な歓迎をいただくなど親交を深めています。
 
 
このたび儒学の殿堂である成均館大学校との交流を東日本国際大学だけでなく、いわき短期大学、また大学附属昌平中高等学校・短期大学付属幼稚園も含め、より幅広く進めていきたいとの考えに基づき、本学校法人昌平黌との協定を締結する運びとなりました。 
 
 更に、成均館大学校「東アジア学術院儒教文化研究所」の所長より学術分野の交流を深めていきたいとの要請もいただき、本学の「東洋思想研究所」ならびに「儒学文化研究所」との協定も同時に締結いたしました。
 
teiketu03.jpg teiketu02.jpg