カテゴリを追加の最近のブログ記事

太陽の里夏祭りに本学吹奏楽部が訪問演奏しました

 平成23年7月30日(土)、社会福祉センター太陽の里いわきで実施された「太陽の里いわき夏祭り」に本学吹奏楽部の学生が訪問演奏しました。

 今回の夏祭りは、震災復興の祈りも兼ねて4年ぶりに開催され、その中で「川の流れのように」をはじめとする4曲を演奏し、会場からはすばらしい演奏に拍手が湧きました。

IMG_2545_00.JPG IMG_2546_00.JPG

 

 今回の演奏が吹奏楽部本格始動後初の披露となり、部員からは「あいにくの雨でステージでの演奏ができず、また部員全員での演奏とはならなかったけれど、今の自分たちの納得できる演奏はできた。これからも練習に励み、いろんな場所で演奏していきたい。」と話していました。

 

 吹奏楽部のより一層の活躍を期待したいと思います。

 

IMG_2549_00.JPG

中国山東大学訪問記

 今年の5月、本学の姉妹校である韓国の成均館大学校より、日本・中国・韓国の三ヶ国国際会議の提案があり、この度中国の窓口となる 中国山東大学.pdfを訪問しました。  山東省は中国の東沿岸と黄河下流に位置し、現在中国経済の最も発達された沿海地域省の中の一つで、中国古代文化の主体になった済国・魯国文化の発祥地であります。中国古代の有名な思想家、教育家の孔子とその儒学が生まれたところでもあるので中国山東大学での儒学研究は中国一とも言えます。

    h22.9-1.jpg

   中国山東大学

    h22.9-2.jpg
 本学の訪問団(緑川浩司副理事長、松岡幹夫東洋思想研究所副所長、田村立波国際委員会長、松本優梨国際センター長)は山東大学文史哲研究院を訪問し、学術交流協定に関する打合せを行いました。

   h22.9-3.jpg

 本学の歴史や建学の理念などを紹介し、両大学の理解を深めました。

   h22.9-4.jpg

 打合せを終え、文史哲研究院の傅院長との記念品贈呈式を行いました。

    h22.9-5.jpg

   参加者全員で記念撮影

   h22.9-6.jpg

 山東大学の文史哲研究院の入口にある孔子像の前で記念撮影を行いました。
 交流会には傅院長を始め、宋開玉副院長、巴金文書記、杜澤遜教授、西山尚志講師と記録係員や接客係員などが参加しました。
 まずは、本学の緑川副理事長から挨拶そして本学の歴史を始め建学の理念そして現在の目標など、そして同時代を歩んで来た両大学の共通点などを話しました。次は、傅院長より中国山東大学の歴史から始まる全般的な紹介があり、相互の理解を深めました。なお、本学の東洋思想研究所の松岡副所長からの本研究所の紹介を始めました。続いて、傅院長より文史哲研究院の紹介があり、本格的な訪問目的に進みました。具体的かつ詳細まで話が出来るほど両大学関係者は意気投合し、熱意のある討論が始まりました。
 五日間の短い日程でしたがこのような交流が出来たことは、両大学の真心が伝わってからこそだと思われます。