いわき短期大学

  • 大学案内
  • 学科案内
  • 入学案内
  • キャンパスライフ
  • 就職・キャリア
学科案内学科案内
学科案内 Department
学科案内

卒業生インタビュー

仕事に熱中 充実の毎日。はじまりはいわ短です。

いわき短期大学の多くの卒業生は、幼児教育の現場や介護福祉の現場で活躍しています。
皆さん、人と真剣に向き合う仕事ですから、重い責任や使命感を抱え、様々なく苦労がある毎日です。
それでも、「自分の夢を叶えた」という自信と「いわ短で学んだ理想像をめざす」という向上心が、先輩方の目を輝かせています。
そして口々に「今の自分があのは、いわ短での日々があるから」「いわ短だから頑張れた」「この仕事の始まりは、いわ短」と言います。
先輩方からの熱いメッセージを、あなたの未来づくりのヒントにしていただければと思います。

楽しくてあっという間に過ぎる1日。
子ども達とこころからふれあっていきたい。

K さん

いわき短期大学附属幼稚園 勤務
幼児教育科〈平成25年度卒業〉

中学2年の時、保育所で職場体験をして、将来は子どもと関わる仕事に就きたいと思いました。いわ短に進学した決め手は、地元のいわき市にある短大だったこと、2年間で幼稚園教諭と保育士の両方の資格が取れることでした。
ゼミの先生の勧めもあって、この附属幼稚園に就職しました。学生時代にお世話になった先生が、実習などで訪ねて来て声をかけてくださるとほっとしますね。短大では、幼児教育を専門的に学びますが、一つひとつの学びがいま現場で役立っていて無駄はなかったと感じています。
幼稚園の毎日は楽しくて、時間が過ぎるのがあっという間。子ども達の成長が感じられる幼稚園教諭になって本当によかったです。これからも子ども達のそばで、こころからふれあっていきたいと思います。

成長を目の当たりにできる喜びを実感。
幼いこころを豊かに育む力になれたら。

E さん

松島町立 高城保育所 勤務
幼児教育科〈平成27年度卒業〉

オープンキャンパスに出かけた際、先輩の「楽しい短大だよ」というひと言が印象に強く残り最終的に入学を決めました。学生マンションが短大の近くにあり、家賃がリーズナブルなのもよかったですね。
就職1年目は、0歳から1歳児を担任。歩けなかった子が歩けるようになったり、話せなかった子が話せるようになったり、成長を目の当たりにできるこの仕事にやりがいを感じています。短大の実習で看護師の方がおむつの替え方、ミルクのあげ方、身体測定の仕方などを指導してくださったことが仕事の支えになっています。今年は4歳児の担任なので、日々勉強ですね。
教室にお花を飾るなどして、子ども達が現在を最もよく生きられるよう、幼いこころを豊かに育む力になれたらと思います。

未来を担う子どもたちの大切な時間。
“陽だまり”のような先生でありたい。

H さん

喜多方市立 すぎっここども園 勤務
幼児教育科〈平成26年度卒業〉

小さい頃から保育士をめざしていて、福島県内で最も幼児教育の歴史があるいわ短で、同じ目標を持った仲間達と学びたいと思い進学しました。
短大では専門的な勉強はもちろん、保育者としての姿勢を学ばせていただきました。
ゼミの先生の「保育者の存在は陽だまりのようだ」という言葉が、働くようになって少しずつ理解できるようになり、保育現場での支えになっています。 未来を担う子ども達との大切な時間を一緒に過ごし、「やってみたい」「挑戦したい」という気持ちを引き出せる先生になりたいと思います。
いわ短には、充実した環境があり、夢に向かい一生懸命がんばるたくさんの学生がいました。そのような環境の中で、2年間を過ごせたことを誇りに思います。
幼稚園教諭、保育士をめざすなら、ぜひともおすすめしたい学び舎です。

幼児教育で学んだ思いやりのこころで
お客様から信頼される銀行員になりたい。

K さん

大東銀行 小名浜支店 勤務
幼児教育科〈平成23年度卒業〉

将来は地元のいわき市で働きたいと思い、幼稚園の先生をめざしていわ短に入学しました。
2年秋の教育実習を前に、一般企業への就職に方針転換しました。短大は、朝から夕方まで授業がぎっしりで、凝縮した学生生活を送れます。約1ヵ月の教育実習では、体力的にも精神的にも鍛えられ、社会人として働く自信ができました。
現在は主に、後方事務と窓口補助、出納係として現金の出し入れを担当。今年入行した新人への指導も行っています。お客様の資産を守る銀行の仕事は、世の中になくてはならないもので地域に貢献できます。
いわ短のさまざまな授業で学んだ思いやりのこころが、接客の際にとても役立っています。一人ひとりのお客様にやさしく丁寧な対応を心がけ、信頼される銀行員になりたいと思います。