東日本国際大学

  • 大学案内
  • 学部案内
  • 入学案内
  • 学校生活
  • 就職・キャリア
  • 国際交流・留学
  • 図書館・研究所
図書館・研究所図書館・研究所
図書館・研究所 Library・Laboratory
図書館・研究所

公開授業 人間力の育成

人間力に育成

人間力の育成開講に際して

 学校法人昌平黌(以下、本学)は、福島県いわき市に東日本国際大学・いわき短期大 学、大学附属昌平中学・高等学校、附属幼稚園を擁する学校法人です。儒学を建学の理念とし、2013年に創立110周年を迎えた伝統のある学校です。

 しかしながら、2011年3月11日の東日本大震災は福島県、なかでも浜通り地域に大きな影響をもたらしました。皆さんのいる東日本国際大学は、福島第一原発の最も近くにある大学になったのです。

 ではこのことが私たちにとって、もつ意味とは何か。具体例を挙げて説明しましょう。たとえば今から30年ほど前、福島県は沖縄県に次いで、多くの子供を産む県でありました。多くの子供たちの声が公園に、川に、そして学校に響き渡っていた場所、それが福島県でした。しかし震災後、状況は一変してしまいました。20年後には、福島県が全国で最も子供の少ない県になるという予測もあるくらいです。

その福島県、いわき市で君たち学生諸君は生活しています。そして成人し、大人となり子供を産み育て福島県を支えてゆくことになるのです。

 よって大人になるための最終段階である「大学」には、未来を担う若者である君たち学生諸君に、力強い人間に育ってもらうため教育をおこなう責務があります。われわれ東日本国際大学には、福島県を将来担う君たちに、どんな困難をも切り拓く力を身につけてほしいと思い、また身につけるための手助けをする責任があるのです。

 必須科目「人間力の育成」を開講したのは以上のような、強い思いがあるからなのです。

授業の概要

 では、具体的に、授業の概要をお話しましょう。

 この「人間力の育成」ではは、リベラルアーツ(人を自由にする学問)を目指しています。「人間力の育成」には、人と人との心の触れ合いを通じた人格的感化が欠かせません。そのため、全15回の授業のうち4回(または5回)は外部講師をお招きします。これらの会は通常土曜日3時限目に行われ、市民の方々にも開放されています。また、通常授業の11回(または10回)は水曜日に行われますが、そこでは、(1)傾聴の態度、(2)アサーティブな表現力、(3)目的の創造力という3点の到達目標を目指して、理論学習に加え、(1)ロールレタリング、(2)カウンセリング、(3)グループディスカッションのワークを行います。また外部講師の講演後には必ず4回分(または5回分)の課題を与え、全体の授業終了後に最終課題を提出して貰います。

 東日本大震災を経て、私達は人間の持つ『不屈の精神』を改めて実感したのではないでしょうか。人生の苦境に立たされた時、社会の悲惨を眼前にした時、人は否応なしに『何のために生きるのか?』という自らの使命を自問せずにはいられません。人間は物質を生み出すことは出来ない。しかし、人間は目的を創造していく力を持っています。「人間力の育成」を通じて「行義以達其道」(義を行い以って、其の道に達す)という建学の精神を胸に刻み、地域や社会で活躍する人生の先輩方から「人倫」(人の道)を学んでいきましょう。