東日本国際大学

  • 大学案内
  • 学部案内
  • 入学案内
  • 学校生活
  • 就職・キャリア
  • 国際交流・留学
  • 図書館・研究所
図書館・研究所図書館・研究所
図書館・研究所 Library・Laboratory
図書館・研究所

公開講座 昌平塾

昌平塾について

 「いわきから世界へ」を合言葉に、学術発信を続ける東日本国際大学では、これまでにも多彩な知識人の方のご理解・ご協力のもとに学術活動を続けて参りました。また、それらの成果を社会に還元するため、さまざまなアウトリーチ活動を行ってきました。
 その一つである昌平塾は本学客員教授を務める森田実先生(昌平塾名誉塾長)の提案により平成27年4月3日に始まりました。それは、受難の地いわきから東洋思想の復興を目指す思想運動であり、教育活動です。将来においては、混沌とした時代を照らす「いわき学」「いわき学派」の確立をその目的としています。森田実先生は、かねがね「現在のアカデミズムは流行や人気取りばかりである。純粋に東洋思想の現代的意義を探求する思想運動をこのいわきの地より起こしてもらいたい」との要望を語られていました。そこで、かつての京都学派にも匹敵する「いわき学派」を、との森田先生の期待に応えるべく、被災地にして原発問題を抱えるいわきこそ、新しい文明が台頭する使命の場所であり、なかんずく、儒学を理念とする本学がその発信地になるべきだとの想いから、東洋思想研究所が中心となり、東京事務所を拠点として「昌平塾」は開設されました。
 ここで言う「いわき学」とは、単なる「いわき地域の研究」を意味するものではありません。一般的には「福島学」や「仙台学」など、地域を冠する研究はいずれも地域研究の名称であることが多いですが、昌平塾が掲げるところの「いわき学」とは、「いわき発の新しい東洋思想」のことを意図しています。私たちはこの意義を踏まえ、東洋の古典に親しみながら、「いわき学派」と称される新時代の思想哲学を創出していきたいと思っています。

2015年度の活動

2015年度は、森田実先生を中心としつつ、さまざまな話題を織り交ぜて進行いたしました。

第一回
2015年4月3日
オープニングトーク「昌平塾」開講 森田実(東日本国際大学客員教授)
吉村作治(東日本国際大学学長)
第二回
2015年5月8日
「論語と日本人」 森田実(東日本国際大学客員教授)
第三回
2015年6月12日
「仏教入門」 松岡幹夫(東日本国際大学教授・東洋思想研究所所長)
第四回
2015年7月3日
「政治哲学—東洋と西洋」 森田浩之(政治哲学者、政策アナリスト)
第五回
2015年8月7日
「古代宗教の中の儒教」 吉村作治(東日本国際大学学長)
第六回
2015年9月18日
「福沢諭吉の読まれ方 ――戦後70年をふりかえる」 先崎彰容(東日本国際大学教授)
第七回
2015年10月16日
「中国山東大学・韓国成均館大学訪問の報告」 森田実(東日本国際大学客員教授)
第八回
2015年11月20日
「ロゴス,動物 / 人間,音楽――欧州1200年代」 関沢和泉(東日本国際大学准教授)
第九回
2015年12月11日
「仏教入門」 松岡幹夫(東日本国際大学教授・東洋思想研究所所長)
第十回
2016年 1月22日
「唯識と西洋近代の思想」 森田浩之(東日本国際大学客員教授)
第十一回
2016年 2月19日
「中江兆民とは何者か」 先崎彰容(東日本国際大学教授)

2016年度の活動

2016年度からは、さらなる内容の充実を図るべく、現代儒学研究会、現代仏教研究会、生命文明研究会の三部会に分かれて活動を推進しています。

現代仏教研究会――部会長 松岡幹夫(東日本国際大学教授・東洋思想研究所所長)
第一回
2016年 6月 3日
「仏教思想(1)」 松岡幹夫(東日本国際大学教授・東洋思想研究所所長)
第二回
2016年 7月23日
「仏教思想(2)」 松岡幹夫(東日本国際大学教授・東洋思想研究所所長)
第三回
2016年 9月24日
「仏教入門」 三浦健一(東日本国際大学准教授)
第四回
2016年11月18日
「法華経入門(1)」 松岡幹夫(東日本国際大学教授・東洋思想研究所所長)
第五回
2016年 1月20日
「法華経入門(2)」 松岡幹夫(東日本国際大学教授・東洋思想研究所所長)

生命文明研究会――部会長 森田浩之(東日本国際大学客員教授)
第一回
2016年12月 2日
「哲学に何ができるか/哲学に何かできるか」 森田浩之(東日本国際大学客員教授)

お問い合わせ

窓口/担当 東日本国際大学東洋思想研究所 
所在地 〒970-8567 福島県いわき市平鎌田字寿金沢37番地
電話/FAX TEL: 0246-21-1662 / FAX: 0246-41-7006